うどんへのこだわり「油」

東京でこだわりうどん食べるなら野らぼ-

こんにちは!
野らぼ- 神田北口店のPR担当です。

当店のこだわりはうどんだけではなく、うどんを引き立て素材のうまさを引き出す、讃岐うどんにサイドメニューに欠かせない「天ぷら」にもこだわりがあります。うどんによく合う天ぷらをコンセプトに日々追求しております。
今回は、天ぷらに使う油についてお話していきます。

野らぼーのうどんの美味しさの秘訣は、油。

綿実油(めんじつゆ)

上質「綿実油(めんじつゆ)」を使用しております。
綿実油とは、「綿の種子」である綿実から搾った油のことをいいます。
あまり馴染みがないかもしれませんが、最高級の食用油として有名で高級レストランや一流料亭などでも使用され、多くの料理人に評価されている油です。

綿実油には、上品なコクと旨味があり、揚げ物に用いるとカリッとした舌ざわりに揚がるので控えめな香りが素材の持ち味を引き立てます。
風味が良いだけではなく、酸化しにくいこと・老化や癌予防に効果のあるビタミンEをはじめ健康維持に必要な成分も豊富に含んでいることから、「サラダ油の王様」とも呼ばれることもあります。

綿実サラダ油の特長

加水分解に強く、水分の多い素材を長時間揚げ続けても酸価の上昇が穏やかです。

また、老化や癌予防に効果があるといわれるビタミンEがたっぷり含まれています。(大豆白絞油の約2倍)優れた風味をより生かすため、国内で綿の実より搾油精製を一貫して行った製品です。

今回は、当店のこだわり「油」についてご紹介しました。
天ぷらに綿実油を使うことによって、油の切れがよくあっさりした仕上がりになっています。
お子様やお年寄りなどでも美味しく召し上がっていただけます。

スタッフ一同、一期一会を大事にお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

豊富なメニューはこちらで確認できます
メニュー情報はこちらから